周囲の協力が育児には必要

女性は出産から子供がある程度成長するまで、非常に多くの時間と体力を育児に割かれることになります。これまでは結婚後に家庭に入ることで、ほぼ女性だけの力でこの問題を乗り越えてきましたが、共働きが当たり前のようになっている現在では、育児と仕事を両立させることが重要なポイントになっています。

正社員で勤務をしていると、多くの場合はフルタイムで仕事をする立場にいます。つまり、会社では主要な戦力とみなされ、簡単に交替要員が用意できないことにも繋がります。そのため、育児によって勤務時間が限定されてしまうと部署全体の仕事に影響を及ぼしてしまうことにもなりかねません。しかし、これでは女性は育児と仕事の両立が困難になります。そのため、企業は柔軟な対応をする必要があるのです。

一人の人間に仕事を集中させるのではなく、必要に応じて休暇が取りやい体制を整えていくことが求められます。このようなことは、ひいては残業時間の問題を解決する方法にもなるかもしれません。育児をする女性に優しい職場は、全てのスタッフにとって優しい職場環境となるはずです。

もちろん会社以外の部分でもサポート体制を充実させることが必要です。例えば、男性の育児休暇の取得率はまだ微々たるものです。男性でも育児のために休みを取ることが当たり前になる世の中がくれば、女性だけが仕事のダメージを負うことがありません。長時間にわたって仕事をしていることで評価されるという考え方も変わるでしょう。また、保育所などがもっと簡単に利用できるようになることも、働きやすい環境づくりには重要です。